653年の書・・・非整斉の要素を加え変化と情趣ある楽しい書。 骨力含み点画は曲線的で変化多く、筆の動かし方に妙技あり。

この書を臨するには、行意心がけ細身で飛動させる。 内なる芸術意識をつかんで筆をとる・・・とはいうものの、私の臨書には技量不足感あり。

H30.3 雁塔・臨書①.JPG024.JPGH30.3 雁塔・臨書②.JPG