オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス 最大68%オフ! ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 Paul ジョンポールペット John Pet オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス 最大68%オフ! ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 Paul ジョンポールペット John Pet 1364円,ジョンポールペット,Paul,rin-domon.jp,236.6ml,アウトバス,John,コンディショナー,オートミールスプレー,Pet,ペット用品、生き物 , 犬用品 , お手入れ、トリミング用品 , その他お手入れ、トリミング用品,保湿,低刺激,/harmfully802177.html,ブラッシングスプレー 1364円,ジョンポールペット,Paul,rin-domon.jp,236.6ml,アウトバス,John,コンディショナー,オートミールスプレー,Pet,ペット用品、生き物 , 犬用品 , お手入れ、トリミング用品 , その他お手入れ、トリミング用品,保湿,低刺激,/harmfully802177.html,ブラッシングスプレー 1364円 オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 ジョンポールペット John Paul Pet ペット用品、生き物 犬用品 お手入れ、トリミング用品 その他お手入れ、トリミング用品 1364円 オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 ジョンポールペット John Paul Pet ペット用品、生き物 犬用品 お手入れ、トリミング用品 その他お手入れ、トリミング用品

高速配送 オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス 最大68%オフ ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 Paul ジョンポールペット John Pet

オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 ジョンポールペット John Paul Pet

1364円

オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 ジョンポールペット John Paul Pet

■オートミールスプレーのポイント
・敏感肌のための成分配合―オートミール(加水分解カラス麦)、スイートアーモンドオイル、カモミール、アロエベラ配合
・敏感肌をクレンジング・鎮静・コンディショニング
・オートミールスプレーは、リンスの代わりと日々のブラッシングにも使えます。

肌タイプ:敏感乾燥肌、普通肌用
香り:オートミールの香り

ペットファンタ ジョンポールペット 犬猫用 ペット用シャンプー 低刺激 ボタニカル 植物由来 




洗い流さないリンスの代わりとしてご使用ください。
また日々のブラッシングにも。
敏感肌やアレルギーに配慮し、天然保湿成分のオートミールは加水分解カラス麦を使用しています。
乾燥が気になる時などに皮膚や被毛を落ち着かせ、艶を与えるのに最適で、櫛通りもよくなります。 ■使用方法
ご使用の際によく振ってください。シャンプー後のリンスの代わりに洗い流さないタイプのスプレーです。シャンプー後タオルドライして、まんべんなくスプレーして、コームで伸ばします。その後乾かして頂く方法です。

■主要成分
水、加水分解カラスムギ、アロエベラエキス、カモミールエキス、スイートアーモンドオイル、パンテノール、ブチレングリコール、ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG、PPG-1トリデセス-6、シクロペンタシロキサン、シクロヘキサシロキサン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジセチルジモニウムクロリド、カプリルヒドロキサム酸、2-フェノキシエタノール、メチルプロパンジオール、、フェニルトリメチコン、ポリクオタニウム-37、フレグランス

ジョンポールペットの日本正規輸入販売元による販売になります。
ジョンポールペットは、アメリカ・カリフォルニア製のブランドです。(Made in USA)





オートミールスプレー 236.6ml コンディショナー アウトバス ブラッシングスプレー 保湿 低刺激 ジョンポールペット John Paul Pet

  • 公開講座

    Instructional Design について学習できる講座です。東京や大阪等、全国で開催しています。

  • 講師派遣

    IDに関する研修の講師派遣を希望される方はこちら

  • IDポータル

    Instructional Designを学ぶ人への応援サイト

  • オンラインプログラム

    教授システム学研究センターが提供する「教育改善スキル修得オンラインプログラム (科目デザイン編・自律学習支援編・FD活動デザイン編)」はこちら。

  • 研究活動

    教授システム学専攻および教授システム学研究センターでは、多様なテーマについて研究を進めています。

最新のお知らせ